今ではほとんどがスマートフォンを持っており、GPS機能もそなわっています。過保護な親は子供のスマートフォンのGPS機能を調べて、どこにいるかを把握するようです。大人であればプライバシーなんどいろいろと問題になりますが、何も知らない子供にとっては、まさにGPSを意識していないかもしれません。ましてやGPS自体を知らないこともあります。

自分の子供の行動が非常に気になればこの機能を調べたがる親の心情がわからないこともないです。ただし犯罪に巻き込まれた場合を考えるとセキュリティという観点からは有意なのかもしれません。子供といっても機械に知識があればこの機能が使えないようにできますから、まさに親と子供のかけひきと言った方がいいのかもしれません。GPS機能は年々進化しており、詳細な場所も検索できるようになってきています。

自分がいつどこにいたのかがわかること自体恐怖と言っていいでしょう。この機能を使えないようにできるため、逆の観点からなんのための機能か、といった疑問を抱くこともあります。そのような考えを無視すれば、セキュリティなどを考慮すると、大変役立つ機能であることは確かなことです。今は数値だけで居所を測定できますが、改良が進めば、画像も並行して確認できるようになるかもしれません。

そうなれば、プライバシーどころではないです。GPSが本当の意味で役立つことを入念に考えていけば、家族間との意味合いがわかってくるでしょう。ノースフェイスの子供服のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です