子供のGPSについて説明します。防犯対策として子供にGPSを持たせる方が多くなっていますが、電磁波が健康に悪影響を与えないか心配する方もいます。一般的に大人よりも子供は過敏であるので、何らかの影響を与えていることを否定出来ません。ですが電磁波によって悪影響を受けた乳児や幼児の公的事例は無く、過度に長時間触れなければ健康への影響は問題無いと考えられているのです。

総務省により数値が規制されており、局所SARが2w/㎏の許容値を超えないように定められています。SARとは電波のエネルギーが局所に集中して吸収される場合における基準値を示します。そもそも電磁波とは、電気が流れるところに発生するエネルギー波のことです。低周波治療器など、医療として活用されることもあります。

100kHz以上の高周波で強い電波を浴びると、体温が上昇するといわれているのです。GPSは高周波に分類されますが、そこまで強いものではないので実際に体温上昇を感じるほどの影響は出ていないと考えられています。総務省は「電波の生体影響に関する最新動向」というレポートで、電磁波の健康影響について脳や中枢神経系への影響や発がん性など、様々な角度で検証しています。明らかに影響があるという立証はされていません。

個人で出来る対策としては、長時間身に付けないことが挙げられます、また、電磁波をカット出来るグッズもあります。ただし、本当に健康に対して効果があるのかあいまいな部分が多いのが現状であるため、過信は禁物です。子供服のアウターのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です