小さいうちはまだしも、子供はある程度大きくなったら友だちと外で遊ぶ機会や塾に通うことが多くなるため、居場所が把握しづらくなります。親が共働きの場合には子供の現在位置を把握することも難しいですし、体調不良に陥りやすい場合には心配の度合いもさらに大きくなるでしょう。そんなときには、居場所の捕捉だけでなく心拍数などから健康状態をチェックできる子供用のGPSがおすすめです。GPSというと山歩きで必要なもの、あるいは徘徊老人向けのアイテムという認識の人も多いですが、通信料をそれほど多く必要としませんし、電源が入っている限り居場所の捕捉ができるため、非常に便利なアイテムです。

専用の長時間管理可能なGPSもありますし、小型のスマートフォンで位置情報を常に取得するようにしておけば、保護者のスマホから居場所を確認することも可能ですので、必要に応じて自分が使いやすいものを選ぶとよいでしょう。徘徊老人や高齢者用は普段身につけるものに取り付けて居場所だけ確認できるような商品が多いですが、子供用は緊急時に保護者に連絡を入れたり、普段の移動範囲から出たときにアラートが鳴ったりするようなものもあります。また、定期的に居場所を確認して保護者に報告するものもありますので、一人で遅い時間に帰宅したり、塾に通ったりするような家庭ではあると便利です。一週間以上充電なしにGPSとして使える物もあり、小型でランドセルに取り付けられるため、携帯が禁止されている学校でも使えます。

子供服のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です